ただメモができるだけのブラウザアプリ「TextArea」はこちらw

Aurora MySQLバージョンアップの注意点

スポンサーリンク

Aurora MySQLバージョンアップの注意点について記載します。

まず、各バージョンのサポート期限は以下のようになっています。

MySQLバージョンMySQLAWS RDSのMySQLAWS AuroraのMySQL
5.72023年10月2024 年 2 月2024 年 10 月 31 日

(Aurora バージョン2)

8.02026年4月30日未定未定

(Aurora バージョン3)

Amazon RDS での MySQL のバージョン - Amazon Relational Database Service
Amazon RDS for MySQL のバージョンについて学びます。
Amazon Aurora バージョン - Amazon Aurora
Amazon Aurora のバージョンについて説明します。バージョンには、それぞれのバージョン番号、リリースサイクル、バージョン廃止のタイムラインなどがあります。

MySQL5.7のサポート期限は、もうすぐそこまで来ています!

では、バージョンアップについて、記載していきます。

公式情報の参考ページは以下になります。

メジャーバージョンのアップグレードには、既存のアプリケーションとの下位互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。

MySQL DB エンジンのアップグレード - Amazon Relational Database Service
MySQL を実行する Amazon RDS DB インスタンスをアップグレードします。

マイナーバージョンのアップグレードに含まれるのは、既存のアプリケーションとの下位互換性がある変更のみです。

MySQL DB エンジンのアップグレード - Amazon Relational Database Service
MySQL を実行する Amazon RDS DB インスタンスをアップグレードします。

バージョンアップにはメジャーバージョンアップとマイナーバージョンアップがあるということです。

まずはメジャーバージョンアップについて記載します。

メジャーバージョンアップ

以下のいづれかのバージョンアップを指します。

  • MySQL 5.6 から MySQL 5.7 へ
  • MySQL 5.7 から MySQL 8.0 へ

公式情報に記載の通り、メジャーバージョンアップには非互換性な点があります。

メジャーバージョンのアップグレードには、既存のアプリケーションとの下位互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。

MySQL DB エンジンのアップグレード - Amazon Relational Database Service
MySQL を実行する Amazon RDS DB インスタンスをアップグレードします。

よく検証してバージョンアップする必要があります。

通常のMySQLのバージョンアップと同様にリリースノートの調査や動作検証を行ってから、バージョンアップします。

また性能面でも

  • MySQL 5.6 から MySQL 5.7 へのバージョンアップ

では、性能が劣化するケースがあるため、注意が必要です。

また、MySQL 8.0ではクエリキャッシュ機能がなくなるので、この点も要注意です。

MySQLで2回目のSELECTで速度が向上するクエリキャッシュについて
MySQLで同じSELECT文の2回目以降の読み取りの速度が向上するクエリキャッシュですが、MySQL 8.0ではキャッシュしませんということについて書いていきます。 MySQL5.7までは、デフォルトでONになっていたクエリキャッシュですが、MySQL8.0では使えない機能(削除された機能)となります。

また、インスタンスクラスによって、選択可能なAurora MySQLバージョンが異なるので注意が必要です。

例えば、インスタンスクラスがdb.t3.smallの場合、MySQL8.0系(3.01.0 以降)はサポートされていません。db.t3.smallでは、現状、MySQL5.7系しか選択不可で、MySQL8.0系(3.01.0 以降)にアップデートできないということになります。

db.t3.smallを使用していて、MySQL8.0にアップデートしたい場合は、インスタンスクラスをdb.t3.smallから変更する必要があるということです。

DBインスタンスクラスと利用可能なAurora MySQL バージョンの対応表は以下の公式ページで確認できます。

Aurora DB インスタンスクラス - Amazon Aurora
DB インスタンスクラスによって、 Amazon Aurora DB インスタンスの計算とメモリの容量を決定します。

次にマイナーバージョンアップについてです。

マイナーバージョンアップ

公式情報に記載の通り、マイナーバージョンのアップグレードに含まれるのは、下位互換性がある変更のみです。

マイナーバージョンのアップグレードに含まれるのは、既存のアプリケーションとの下位互換性がある変更のみです。

MySQL DB エンジンのアップグレード - Amazon Relational Database Service
MySQL を実行する Amazon RDS DB インスタンスをアップグレードします。

経験上、特に検証なしでバージョンアップして問題なしです。

リリースノートを念の為、確認しておくとより安心かと思います。