ただメモができるだけのブラウザアプリ「TextArea」はこちらw

WordPressのStaticPressでサイトマップ(sitemap.xml)が出力されない時の対応方法

スポンサーリンク

WordPressのプラグインStaticPressで使用時に、サイトマップ(sitemap.xml)が出力されない時の対応方法を記載します。

WordPressのStaticPressの導入については以下の記事をご参照ください。

StaticPress S3を使用してS3+CloudFrontでコンテンツ配信するケースの導入例

【日本語URL対応版】WordPressのコンテンツを StaticPress S3プラグインを使用して配信する方法
WordPressコンテンツをStaticPressS3を使用してS3+CloudFrontで配信する方法を記載。 コピペで環境構築できます。S3+CloudFrontで配信することで「 低コストで安定したサイト運用ができる」「高速なサイトを構築できる」「セキュリティ的に安全」というメリットがあります。

StaticPressを使用してEC2+CloudFrontでコンテンツ配信するケースの導入例

StaticPressを使ってEC2上のWordPressコンテンツをCloudFront経由で簡単に配信する方法
WordPressのコンテンツを静的ページ化し、CloudFrontで配信できるようにします。静的ページ化するところはWordPressのプラグインStaticPressを使用します。CloudFrontのキャッシュクリアはClear CloudFront Cacheプラグインを使用します

本題のStaticPress導入時にサイトマップ(sitemap.xml)を使えるようにする方法ですが、2つの対応をすることで可能となります。

対応方法

StaticPressのソース修正
適切なサイトマップ作成プラグイン(Google XML Sitemaps)を入れる

    サイトマップとは、検索エンジンにWebサイトのページ更新内容を知らせるため(インデックスさせるため)に必要なものです。SEO対策では必須になってきますので、この記事を参考に、ちゃんとサイトマップ出力されるように対策しちゃいましょ!

    まずは、StaticPressのソース修正方法から記載していきます!

    StaticPressのソース修正

    StaticPressのソース修正を行います。

    修正ファイル:wp-content/plugins/staticpress/includes/class-static_press.php

    377行目あたりを修正

    
    // 修正前
                    switch ($file_type) {
                    case 'front_page':
                    case 'single':
                    case 'term_archive':
                    case 'author_archive':
                    case 'other_page':
    
    
    // 修正後
                    switch ($file_type) {
                    case 'front_page':
                    case 'single':
                    case 'term_archive':
                    case 'author_archive':
                    case 'seo_files':          // ここを追加
                    case 'other_page':
    
    

    次にサイトマップ作成プラグインを入れます。

    サイトマップ作成プラグインを入れる

    以下のプラグインをWordPressにインストールします。他のプラグインをいくつか試してみましたが、StaticPressとの相性が悪いようで正しく出力されないようでしたので、以下のプラグインがオススメです。

    プラグイン:Google XML Sitemaps

    動作確認

    動作確認をして問題なければ、Google search consoleにサイトマップをお知らせして終了です。

    動作確認〜Google search consoleにサイトマップを送るまでの手順は以下の4ステップです。

    1. 「{サイトアドレス (URL)}/sitemap.xml」にアクセスしてサイトマップが正しく表示されることを確認
    2. StaticPressで再構築する
    3. 「{静的サイト URL}/sitemap.xml」にアクセスして、サイトマップ表示を確認する
    4. Google search consoleに以下のURLでサイトマップを送ります
      • 「{静的サイト URL}/sitemap.xml」

    まとめ

    サイトマップが正常に表示され、Google search consoleに送れたかと思います。

    Google search consoleに送った後は、正常に処理されたかを確認しておきしょ!

    正常に処理されたかの確認は、Google search console画面から可能です。

    Google search consoleに正しく送れたら、Bingにも送っておきましょー