Prometheusとはーシステム監視で利用できるPrometheusについてざっくり理解する

Prometheusについて、書いていきます。

Prometheusとは、CPU使用率、メモリ使用率などのリソース情報を収集して監視したり表示したりするソフトウェアです。

大きく2つの構成から成り立っています。

Prometheusの構成

①Prometheus本体
リソース情報を収集し監視する
②Exporter
→Prometheus本体にリソース情報を渡す役割

Prometheus本体とExporterについて詳しく見ていきます!

スポンサーリンク

Prometheus本体について

Prometheusの特徴として以下の点が挙げられます。

  • 監視対象サーバのExporterを呼び出しリソース情報を収集する
  • 監視対象のサーバを自動検知する
    • サーバを増やすたびに関し設定を変更する必要がない

Exporterについて

Exporterの特徴として以下の点が挙げられます。

  • Prometheus本体にリソース情報を渡す役割
  • 数多くのエクスポーターがある
    • 多くのシステムに対応でき、様々なリソース情報を取得可能
Exporters and integrations | Prometheus
An open-source monitoring system with a dimensional data model, flexible query language, efficient time series database and modern alerting approach.
  • エクスポーターの自作も可能
Prometheus用の自作Exporterを作成する - Qiita
自作Exporterの構築方法 Motivation シェルなどを用いて独自のメトリクスを収集したい Prometheus用のExporterを自作しメトリクスを確認したい 本当に最低限exporterを作る met...

Prometheusの凄いところ

Prometheusの凄いところは以下の2点だと思います。

スゴイところ

監視対象のサーバを自動検知できるところ
Exporterの種類が多いところ

またCloudWatchエージェントからPrometheusエクスポーターを呼び出すこともできます。詳しくは以下の記事をご参照ください。

AWS CloudWatch エージェントでPrometheus エクスポーターのメトリクスを取得する
cloudwatchとPrometheusの連携について記載しています。AWS ECSを監視する際にCloudWatch エージェントを使うことが多いと思うかCloudWatch エージェントで取得できるメトリクスは限られている。 そこで、Prometheusのエクスポーターを使うと取得できるマトリクスの幅が広がる