ただメモができるだけのブラウザアプリ「TextArea」はこちらw
WordPress

WordPressの引越しで、ドメインとサーバーを変更する場合の対応方法(Googleにもお知らせする)

WordPressの引越しで、ドメイン変更する場合の対応方法です。「引越し先にWordPressをインストール」「引越し先に引越し元のデータを移行」「引越し元へのアクセスが引越し先へ流れるように.htaccessを設定」「Google search consoleを使ってGoogleへ引っ越しをお知らせ」で完了です
WordPress

StaticPressでドメインが静的サイト URLに置換されない時の対処法(WordPress)

WordPressのプラグインStaticPressを使用しているが、 StaticPressで生成された静的ファイルのリンクURLが、StaticPressで設定した「静的サイト URL」に置き換わらないことがありますが、これの対処法を記載しています。対処法はStaticPressのソース修正となります。
AWS

StaticPress S3と共存できるWordPressプラグインClear CloudFront Cacheを公開!

StaticPress S3と共存できるWordPressプラグイン「Clear CloudFront Cache」を公開! WordPressコンテンツをCloudFront経由で配信している場合に使えるプラグイン。公開したプラグイン「Clear CloudFront Cache」はWP管理画面からインストール可能
AWS

WordPressをEC2で運用している際のバックアップ方法(AWS Backupを使用)

WordPressをAWSのEC2で運用している場合の「EC2バックアップの方法」と「バックアップからの復元方法」を記載します。 AWS Backupを使用したバックアップ&リストア方法です。大事なWordPressデータが消えてしまわないようにバックアップを取っておきましょ!
AWS

WordPressのプラグインStaticPress S3で固定記事などが表示されない(403エラー)

WordPressのプラグインStaticPress S3で固定記事などが表示されない(403エラーが発生する)場合の対処法。エラー・表示されない原因と対処法ほうについて記載します。対処方法はStaticPressのPHPプログラムを修正する方法もありますが、CloudFrontの関数を使用する方法を記載しています
AWS

WordPressのプラグインStaticPressで不要な静的ファイルが生成されないようにする

WordPressのプラグインStaticPressで不要な静的ファイルが生成されないようにする方法について記載。不要なファイルを生成されないようにすることで、ディスク容量の削減やStaticPressでの再構築時間の短縮が可能。StaticPressのソースコードを修正することで不要なファイルが生成されなくなります。
AWS

WordPressのプラグインStaticPressでBasic認証を使う

StaticPress利用時のBasic認証のかけ方について記載。StaticPressで静的HTMLを生成して、StaticPress S3で静的ファイルをS3に転送して、配信する場合、Basic認証をかけることをお勧めします。Basic認証をかけるにはStaticPressのソース修正も必要となります
AWS

【日本語URL対応版】WordPressのコンテンツを StaticPress S3プラグインを使用して配信する方法

WordPressコンテンツをStaticPressS3を使用してS3+CloudFrontで配信する方法を記載。 コピペで環境構築できます。S3+CloudFrontで配信することで「 低コストで安定したサイト運用ができる」「高速なサイトを構築できる」「セキュリティ的に安全」というメリットがあります。
AWS

AWS CloudWatch エージェントでPrometheus エクスポーターのメトリクスを取得する

cloudwatchとPrometheusの連携について記載しています。AWS ECSを監視する際にCloudWatch エージェントを使うことが多いと思うかCloudWatch エージェントで取得できるメトリクスは限られている。 そこで、Prometheusのエクスポーターを使うと取得できるマトリクスの幅が広がる
AWS

Docker上で動くLaravel(PHP)をAWS ECSにデプロイする

Docker上で動くLaravel(PHP)をAWS ECSにデプロイする Laravelプログラムをローカル開発環境で開発完了後、 AWS code4兄弟のcodecommit/codepipeline/codebuild/codepipelineとECRを使用して、 ECSへのデプロイする方法を記載していきます。
スポンサーリンク